ゆで太郎の歴史
  • トップの軌跡 その1
  • トップの軌跡 その2
  • トップの軌跡 その3
トップの軌跡 その1
ほっかほっか亭FCオーナーから本部取締役へ。異例の転身。
大企業に入るより、人の役に立つ仕事を

大学時代は中学校の教員になろうと思っていて、教育実習まで行ったんですよ。
でも何か符に落ちない自分がいた。そんな私が目指したのは飲食の世界でした。
「身近で人を幸せにできる仕事なんじゃないか」。そんな思いがあったんですね。
両親や先輩など周りの大半には大反対されましたが、ファミリーレストランへの就職を目指し面接を受けていきました。

大企業に入るより、人の役に立つ仕事を
感動!70円の手作り味噌汁

そんな時です。先輩が持ち帰り弁当『ほっかほっか亭』の経営に乗り出し誘われたんです。「一緒にやってみないか」と。当時『ほっかほっか亭』はもの凄いイキオイで出店が進んでいて、そう言われると確かに気になる存在でした。で、実際に買って食べてみた。すると温かくて美味しい作り立てののり弁がたったの260円。そして私が何より驚いたのは70円のお味噌汁でした。
毎日違う具で手作りしていて本当に美味しい! 「これならきっと売れる」。自分自身の感動が確信となり、私は進路を決めました。22歳、職業「ほっかほっか亭のオーナー」になったのです。

感動!70円の手作り味噌汁
SVとして本部に呼ばれる

バイトでためたお金を出資し共同経営者に。22歳で始めた仕事は26歳の時には5店舗にまで拡大していました。しかしそこで転機が訪れます。『ほっかほっか亭』がダイエーと提携することになり、ロイヤリティのことなどで意見が別れた共同経営者と別々の道に進むことになったのです。
1店舗のみを引き継ぐことにした私は、そのお店の運営を後輩に任せました。そして新たな出店話を本部に持ちかけたところ、逆に誘われたのです。「お店じゃなく本部でスーパーバイザーをやってみないか」。カッコよく言えばスカウトですね(笑)。
「FCオーナーが本部へ」という人事事例を一度も聞いた事がなかった私はとても驚いたのですが、それも面白いかもしれないと、まったく未経験のエリアに足を踏み入れることにしたのです。

大企業に入るより、人の役に立つ仕事を

27歳になっていた私は、複数店舗経営でPLが見られるようになっており、販売促進も学び人材採用のノウハウもついていました。担当店舗の運営アドバイス・経営指導をするSVの仕事がピッタリとはまったんですね。このSVの仕事、本当に楽しかった。
例えば"ステーキ販売コンテスト"などが行われると、自分ですべての担当店舗を回りポスター貼りなんかもやってしまうわけです。1枚や2枚でなく何枚も並べて張ってステーキなんだ!と主張する。と、関わったすべての店舗が売上げ上位に食い込んでくる。オーナーさんとの確かな信頼関係が築けますし、この時代におつき合いしたオーナーさんとは、今でもその関係が続いているほどです。
『ゆで太郎』のオーナー、水信(みずしな)社長との出会いもこの頃のことです。

大企業に入るより、人の役に立つ仕事を
トップの軌跡 その2
ページトップへ